震災から6年。復興した南三陸の牡蠣はこんなに美味い!

   

宮城県牡蠣産地視察ツアー

もうすぐ3月11日。東日本大震災から丸6年を迎えようとしていますね。
今でこそ三陸の牡蠣を美味しく食べられるようになりましたが、

その産地の復興はどうなっているのか。
なんで美味しいのか。
どうやって育てているのか。

などなど気になることは様々。

酒場めぐりマガジンSyupoの塩見なゆさんのお誘いで、復興応援キリン絆プロジェクトを進めるキリン主催の「宮城牡蠣産地視察ツアー」に参加してきました。
「宮城牡蠣産地視察ツアー」は今回で三回目だとか。
単純にお金や物資を支援するだけでなく、商品のブランド化、販路拡大など含めて行っている復興応援キリン絆プロジェクト。
飲食店や仲卸さんと一緒に漁協の方、漁師の方々の話しを聞いてきました。

今回のツアーは南三陸町。
津波の被害で報道されていた場所です。
移動するバスの車内でも波の高さ、どこまで被害があったのか、場所ごとのエピソードを聞かせていただき、テレビだけではわからないことを実感してきました。
唐桑の牡蠣養殖場
まずは唐桑漁港からスタート。
唐桑では筏と延縄の二種類で牡蠣の養殖をしており、写真は筏。
震災直後に津波で全ての筏は流されましたが、広島の牡蠣産地から筏を送ってもらったり、ボランティアの若手に作ってもらったり。
もう漁業を辞めようとさえ思っていた心を後押ししてもらいました。

津波で全て流された結果、海の底は綺麗になり、山からの栄養が流れ込み牡蠣の品質自体は良くなったのだとか。
今後100年後の牡蠣を想定して養殖を進めているとのこと。
牡蠣
筏から引き上げた牡蠣。
たくさんの牡蠣が連なっていますね。
唐桑では他よりもうすい種を使っているため、丸く大きな牡蠣が育ちます。
(種=牡蠣の幼生、うすい=種と種の間隔を広くとること)
超特大牡蠣
引き上げたばかりの牡蠣を剥くと超特大の牡蠣が!
隣の小さく見える牡蠣だって、決して小さいわけではなく、オイスターバーで食べたら特大サイズ。
3年育てるとこんなに大きくなるそうです。
採れたてホタテ
牡蠣を見た後にホタテの養殖場も見せてもらいました。
その場で開いて、貝柱とひもをいただく贅沢。
何も付けなくても美味いんです。
これは東京では味わえない味。
さっきまで生きてたんだから新鮮なんてもんじゃないですねー
船の上で雪と強風に耐えてた甲斐がありました。
志津川の牡蠣養殖場
ランチを食べた後に来たのが志津川漁港。
写真は延縄です。
海に浮いている黒いブイの下から垂らされた縄に牡蠣が連なっています。
志津川は海に川が流れ込むことで海洋性プランクトンが増え、牡蠣の甘みが出るとのこと。
牡蠣処理場
漁港に戻って牡蠣処理場で剥いてもらいます。
意外なことに殻付き牡蠣より剥き牡蠣の方が手間がかからないんだそうです。
殻の大きさをそろえたり、汚れ落としなどが面倒で。
剥きたて牡蠣
剥きたての生牡蠣。
大きいですねー。
そのまま食べるとちょっと塩辛い。
海水を出しながら食べた方が良かったそうで。
それでも新鮮クリーミーで美味いんですけど。
戸倉出発
翌日向かったのは戸倉漁港。
天気もよく、牡蠣日和。
南三陸町の78%は山。
そこから流れ込む川が牡蠣を甘く美味くします。
さらに水深が約30メートルと深い。
この深さがより強い牡蠣を生み出します。
生牡蠣
船の上で剥いてもらった生牡蠣。
1分前まで海の中で生きていたヤツですよ!
これ以上新鮮な牡蠣は無いですね。
しかもでかい。
海水のしょっぱさだけでこんなに美味いなんて。
牡蠣剥き
牡蠣処理場では牡蠣剥きを見学。
10秒くらいで一つ処理していく手さばきに見とれます。
処理場の設備もキリンをはじめとしたみなさんの支援によるものだそうです。

南三陸町は牡蠣の養殖場が多く、それぞれ違った地形、育て方など特色がありブランド化しています。
これだけのこだわりと情熱を持ったみなさんが作っている牡蠣なんだから美味いに決まってますよね。

 

 -イベント・その他, , ,

  関連記事

牡蠣フライ

松島を臨む絶景を見ながら地元産の牡蠣フライ@田里津庵

宮城県の松島といえば日本三景の一つで、松尾芭蕉の句にも詠まれた景勝地。 松島を見下ろす絶景の地で地元

唐桑御殿つなかん

【食べて応援】100年続く牡蠣養殖の女将が被災した自宅を改装した民宿で牡蠣尽くし

震災時に柱と屋根だけになり、その後ボランティアの宿泊施設として使用された唐桑御殿つなかんです。 宮城

宮城県の志津川港の牡蠣漁師さん

牡蠣がほんとに美味いのは冬じゃない!?南三陸の漁師に聞いてきた

牡蠣の旬は冬って思っていませんか? 冬は牡蠣の漁が解禁になる季節。 これまで牡蠣を食べるのを我慢して

獲れたて銀鮭の刺身

銀鮭 銀王はまさに王様の味!南三陸の銀鮭養殖場見学

牡蠣の養殖場見学の次は銀鮭。 南三陸は銀鮭の養殖も盛んなんです。 銀王というブランドで売り出している

南三陸ホテル観洋の夕食

部屋からは南三陸の海を一望!海の幸の贅を尽した夕食に舌鼓

部屋の窓からは見渡す限りのオーシャンビュー! 南三陸ホテル観洋です。 宮城県牡蠣産地視察ツアーの一日

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オシャレ中華と侮るなかれ!定番メニューも一味違う東京チャイニーズ@四ツ谷

四ツ谷駅近くのランチスポット、しんみち通りにある中華料理のお店、雪梅花(東京都新宿区四谷1-4綿半野

桜肉のにぎり寿司5種10貫
ランチで肉寿司! 馬に魚に@赤坂見附

赤坂見附の個室居酒屋 馬に魚に 赤坂見附店でランチしてきました。 お店の名前のとおり、馬肉と魚料理の

3種GYOZA
赤坂バル横丁の餃子専門店、GYOZA365の進化系餃子盛り合わせランチ

赤坂見附駅のすぐ近く。 9軒の飲食店が集まり、自由にはしご酒ができる赤坂バル横丁があります。 前回は

回鍋肉
平河町の中華で安心の回鍋肉定食

ランチタイムをちょっと外してしまって、どこでランチを食べようかと探していて見つけました。 平河町の中

鯖味噌そぼろ丼
これは新感覚!限定10食の「さばみそそぼろ丼」ってなんだ?

麹町駅から市ヶ谷方面へ。 季節料理 根本でランチしてきました。 メニューを見ると魚料理が多いですねー