荒川ハイサワーの飲み方

荒川ハイサワーの由来

バラ

都電の沿線にはバラが植えられています。

荒川区を走る都電の線路沿いには一面にバラが植えられています。
旬の季節には町屋駅近辺でバラ祭りが開催され、都電とバラの写真を撮る人々も多くなります。
そんなバラの赤をイメージして創られたのが荒川ハイサワーです。

美味しいハイサワーの飲み方

荒川ハイサワー

焼酎、ハイサワー、赤しそシロップで荒川ハイサワーセット

注文すると出てくるのは焼酎(ナカ)、ハイサワー一瓶(ソト)、お猪口一杯の赤しそシロップです。
まずは普通にハイサワーを楽しんでみましょう。
ナカにソトを炭酸が飛ばないようにそーっと注ぎます。
美味しく飲むには黄金比はナカとソトの割合が1:3。
注いだ後はマドラーでそっとひと混ぜ。
シチリア産レモンの真ん中だけを使った贅沢で強炭酸のハイサワーを味わいましょう。

荒川ハイサワーの仕上げ

荒川ハイサワー

ハイサワーにわるなら赤しそをちょい足し!

一杯目を飲み終わると、まだ瓶には半分ほどハイサワーが残っていますよね。
そこでナカを追加注文です。
一杯目と同じようにハイサワーを注いで、さらに赤しそシロップを追加してみてください。
綺麗な赤いサワーの出来上がり!
赤しその風味が生きるハイサワーは一杯目とかなり違った味わい。一度で二度美味しい、それが荒川ハイサワーなのです!