【不動産用語】専任媒介と専任専属媒介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あと一般媒介を加えた3つのご説明。

  1. 一般媒介
  2. 専任媒介
  3. 専任専属媒介

1.一般媒介

貸主が複数の不動産業者に仲介をしてもらうこと。
借主側の仲介業者は複数でも構わない。
貸主は複数の不動産業者を相手にするので面倒。
不動産業者は他社との調整があって面倒。
メリットは顧客となり得る借主が増える。

2.専任媒介

貸主が単独の不動産業者を専任すること。
複数の借主を調整してくれるので貸主は楽。
多分一番揉めないはず。

3.専任専属媒介

専任媒介に加えて、貸主が独自に見つけてきた借主も、不動産業者が一度仲介をする。
専任媒介の場合、貸主が独自に見つけてきた借主に対して仲介手数料は取らない。
ただし、各種書類などは自分たちで用意する必要がある。
自分で知り合いに貸したりしなければ専任専属媒介でも問題ない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*