2019年春、なぜこのタイミングなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 引っ越しシーズンだから
  2. 増税前だから
  3. オリンピック前だから
  4. 生産緑地法問題の前だから

1.引っ越しシーズンだから

物件探しのピークは2〜3月。
なので3月中旬はかなり出遅れ。でも4月まではそれなりにあるらしい。
5月以降はかなり下落というのが不動産屋の話。
とはいえ納得感がある。
ピークを過ぎたら貸すにしても売るにしても値段を下げなくちゃいけないかも。

2.増税前だから

2019年10月に消費税増税。
流石にあと半年だったらもう取り消しはないでしょ。
政府は消費の冷え込み対策をするだろうけど、消費者の心理的には大きな買い物は済ませておきたいはず。
人生で一番高い買い物と言うし。

3.オリンピック前だから

オリンピック前の地価の上昇と、オリンピック後の施設跡地の活用で家賃や地価が下がるんじゃないかなー。
上がる要素は無いと思う。

4.生産緑地法問題

2022年問題とも言われます。
30年前に制定された生産緑地法の有効期限が切れ、農地を住宅地に転用できるという話。
対象の土地は東京都がダントツの1位なんだとか。
世田谷区が多いらしい。
その結果、物件が増えて地価や家賃が安くなるんじゃないかと。
我が家は極端な駅近物件だからそこまで影響が無いとは言うけれど。

まとめ

不動産屋は2〜4は大した影響は無なさそうとは言ってたけど、どうなのかな。
引っ越しシーズンは確実に影響があるので3月中に決定して4月には出稿したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*